お米の計量から炊き上げまでを自動で行う業務用の炊飯ロボット御誉米飯・ライスロボ

製品カタログ

卓上小型巻すしロボット TSM-200X

多機能なのにシンプル操作で巻すしづくりを強力サポート

特長

ダブル保温機能 ※保温ヒーター内臓(標準装備)

二重構造のしゃり容器で外部冷気や乾燥からしゃりを守ります。更に機械にセットしたしゃりがそれ以上冷めて、固くならないように保温ヒーターを内蔵し、作る工程での「おいしさ」を逃さずサポートし温度変化によるしゃりのばらつきも合わせて抑えます。

タッチパネル機能

メモリー機能

お店の設定をタッチパネルに自動メモリー。巻き物切り替え時にはワンタッチでしゃりの「厚さ」「長さ」を調整します。

しゃり残量お知らせ機能

容器内のしゃりが少なくなると、残量ランプが点滅してお知らせします。

カウント機能

巻いた本数を確認できるカウント機能付きです。

手巻き機能

巻く部分は、本来の巻きすで巻く基本を再現したセミオートマチックだから、ふんわりやしっかりなど簡単に「おいしさ」のための巻加減が可能。手巻き感覚で作業ができます。トラブルが少なく安全性も高くなるのもセミオートマチックのメリットです。また、巻く部分のカセット交換で、細巻き~太巻き・うら巻にも1台で対応でき、仕上がりは誰が巻いても巻芯が必ず中央に入ります。そのため、切り口の仕上りもきれいです。※追加カセットはオプション設定(本体に1種類は付属)

「ふんわり」しゃりのばし

しゃりのばし機構は、上下とも特殊溝ローラーの新方式で、ベルトを使用せず、しゃりをつぶさないようにふんわりと効率よくのばします。また、ベルト洗浄の手間やベルト消耗時の費用なども不要です。

しゃり厚さオートデジタル機能

従来の手動調整式のアナログ表示からオート調整式のデジタル表示になって、より簡単で分かりやすくなりました。また、タッチパネルの-・+ボタンで誰でも簡単に調整できます。

保温機能付きで低価格

保温機能など「おいしい」のための機能と操作性や洗浄性など「使い易さ」のための機能をシンプルでコンパクトな本体にまとめ「低価格」でご提案します。

紹介動画

主要諸元

型式名 TSM-200X
外観
幅×奥行×高さ(mm) 380×590×560
電源 100V/90W
本体重量 40kg
容量 10kg(3升)
生産能力 1分間/2~4本(1時間100本~)※巻芯により異なります。
巻きサイズ 細・中・太・極太(1種類付属)

※この主要諸元は改良のため予告なく変更することがあります。